これからのシステム開発はアジャイルで決まり

ウォーターフォール・モデルの限界

かつてシステム開発といえば、プログラマとSEがそれぞれ別々の役割を果たして、上流工程の人間が作った仕様書を、そのすぐ下の工程に入るプロブラマが実装する、というやり方が常識でした(上から下に工程が流れる仕事の流れを称して、ウォーターフォール・モデルと言われていました)。しかしそのやり方だと、仮に下流工程の人が問題を見つけても、それを一旦上流にフィードバックした後に、新しい使用を待つ必要があり、非効率的でした。

柔軟なアジャイルモデルで

昨今では、ウォーターフォール・モデルのような「やり直し」に柔軟ではないモデルの限界がささやかれています。複雑なシステムでは特にそうですが、後から致命的なミスが見つかることなどは、日常茶飯事だからです。そのため上流と下流にわけるのではなく「スクラム」と言って、それぞれの担当者が全行程にお互いに関与し合うモデルが提唱されました。そしてそれを実現するための職場の雰囲気づくりやルール作りなどを含めて「アジャイル」という開発手法が主流になりつつあります。

その先にあるシステム開発

アジャイルによって、顧客と開発会社が共に少しずつ変化を受け入れながら進む仕事のやり方が一般化しつつあります。しかし現代のアジャイルは、会社に出社する人たちだけではなく、リモートで働く人も含めてプロジェクトに参加するためのモデルづくりが求められつつあります。その際に大事になってくるのが、リモートワークの環境づくりです。コアの技術を海外のエンジニアが握っていることは日常茶飯事なので、ビデオシステムやチャットシステムなどを駆使して、異なる国の労働者をもスクラムさせる手法が開発されつつあります。

notesの受託開発が行われている業者は、全国に多くありますが、外注費用を節約するうえで、早いうちに見積もりを依頼することが有効です。

notesの開発で探す