保管しておきたいものに合わせて選ぶ!倉庫の機能性

冷蔵機能の性能を確かめておく

食材や飲料などの冷蔵保存が必要なものを保管しておくために、倉庫を選ぶ際には冷蔵機能の性能を確かめておかなければいけません。どれだけ低い温度に設定できるかという数値だけ確かめて、利用する倉庫を決めてしまう人も中にはいます。その設定温度まで倉庫内の温度を下げるために、どれぐらいの時間を必要とするかは機器の性能によって大違いになるので注意をしましょう。倉庫のドアを開け閉めする回数が多くなりそうな場合には、冷蔵機器の性能をしっかり確かめておいてください。

ベルトコンベアーが備え付けられている倉庫

スムーズに倉庫の中身を運搬できるように、ベルトコンベアーが備え付けられている倉庫も珍しくありません。しかしベルトコンベアーが付いている倉庫というだけで選んでしまうと、その性能の違いに気付いて後悔する事になりかねません。どれぐらいの重量まで運搬できるベルトコンベアーなのか、しっかりと数値を記載してくれている倉庫を選ぶようにしましょう。よりスムーズな運搬を求めている方は、重量のある物を運ぶ際のベルトコンベアーが出せる速度も確かめておいてください。

外気を遮断しやすい倉庫

最新の換気システムを利用している倉庫は、外気が入り込まないように最新の設備を導入してくれている事が多いです。外気が入り込まない分だけ、病原菌が倉庫の内部に侵入する可能性を減らせます。作業員の殺菌消毒用の設備を用意するだけで、菌類に対する備えが完璧な倉庫を作り上げる事も可能です。食品関係を扱う業者の方々は、菌類に対する備えをしっかりと用意しておきましょう。そこまで多くのコストをかけなくても、現代の技術であれば菌類に対策は可能です。

3PL企業は、利害関係が一致しない荷主と運送会社を仲介する立場にあります。お互いの利害と離れた立場から、効率の良い物流サービスを提案することが主な業務です。

3PLの物流を調査