時間がかかる!?引越しをした後の荷物の片付け

引越しのダンボールの荷ほどきには時間がかかる

引越しをおこなった先で荷ほどきをして引越し用のダンボールの片付けをする必要があります。しかし、引越しした当日に全てのダンボールの荷ほどきをして片付けるためには時間もかかり、それ以上に心身共に疲れていることが多く、とりあえず、今使用するもの、必ず使用するものだけを荷ほどきする人が多いです。そのためダンボールに詰める時から考慮して直ぐに使用するものはひとつのダンボールにまとめて入れておくことが大切ですし、ダンボールの外側に何が入っているか書いておくことも大切です。

引越しのダンボールの外側に中味を書いておく

そのため引越しをした人の多くは、引越し後数日間は多くのダンボールをそのままの状態にしておき、休みの日のたびに徐々に荷ほどきをして片付けることが多いです。その場合もダンボールの外側に何が入っているのかがひと目でわかるようにしておくことで、荷物を部屋に運び入れる時から、部屋毎に分類して搬入することでき、荷ほどきの際も、ダンボールを別の部屋に運び直す必要もなく便利で、荷ほどきや片付けもスムーズにおこなえます。

引越しの最後はダンボール

ただ引越しして荷ほどきした後に出てくるごみがあります。それがダンボールです。使用した分のダンボールが残るため相当数になり、ガムテープで箱型になったものを、ガムテープをとり、ばらしてからたたんでおきますが、それでも非常に場所をとることになります。引越し会社によってはダンボールを取りに来てくれるところもあり、それまでの間は我慢して置いておくことで済みますが、取りに来てくれない場合には廃品回収に出して、ようやく片付けが終わります。

不用品の回収を手掛ける専門業者では、幅広い品目に対応しているため、大掃除や引っ越しをはじめとした様々なシーンで活用できます。

不用品回収なら東京にアクセス