代理店は仕組みを良く理解して加盟店になることです

代理店に加盟するときに考えてみること

独立開業にあたって代理店加盟を考えるのは、事業をスタートさせるにあたって弾みがつきます。独立当時は経営者一人で始める場合があるので、協力者が居てくれるのは助かるものです。しかし、代理店契約にあたって、良いことばかりを勝手に考えるのは、後で後悔をすることになります。代理店には高額な加盟金取得を目的にしているところもあるからです。加盟する会社の利点ではなく、代理店はどこで利益を生み出しているのかを考えてみることです。

代理店売上目標の設定について

独立開業する際に代理店加盟をすると、事業計画に代理店売り上げ目標を掲げることになります。これは大変重要なことで、代理店に対して本気で取り組む意志のあることを表明するものでもあります。代理店は多くの加盟店を持っていますが、加盟しているだけというのもあるので、意思表示は目のかけ方に違いが出てきます。しかし、独立するには何らかの事業計画があるはずです。スタート段階では数字にならなくても、目標として事業計画には入れて取り組むことです。

代理店の売上が立つのはどの時点なのか

代理店の業務には、製品や商品の販売を行うものが多くあります。代理店の業務は、消費者との契約が仕事になります。ところが、代理店は本社に契約書を送って売上の報告をします。消費者には本社からの商品の発送があり、一般的には届いてから入金といった流れになります。この時の問題点は、代理店の売上はどの段階で上げるのかです。そうして、本社から手数料はいつ入金されるのかを確認しておくことです。厳密な言い方をするならば、本社からの振り込みが売上高となるのです。

自らの商品を広く世の中に知らせたいときは、代理店の募集を検討する事が一番手っ取り早い方法であると言えます。