自分で作ることができるオシャレなライティング!

ライト作りは簡単ですぐ取り組めるDIY!

電気製品を自分で作るというのは素人にはなかなか難しいことのように思えます。しかし、自分の部屋に置くフロアライトやウォールライトなどのライティングなら、簡単な工具があれば作成可能ですし、材料もホームセンターや雑貨店、100円ショップなどで揃えることができます。ちょっとおしゃれなインテリアライトをお手軽な金額で作ってみたいと思うのであれば、失敗してもいいやと思うくらいの気持ちで、ぜひ挑戦してみましょう。

必要な材料と簡単な作り方

インテリアライトを作る際に必要なのは電球とそれを付けるソケット部分、そしてそれらを電源につなげるためのコードです。これらの部品はホームセンターなどにも売っていますので、すぐ揃えることができますが、作成をもっと簡単にしたいならソケット・電源コード・スイッチが一体化した製品を利用することもできます。これを利用すれば後は電球を付け、自分好みのカバーリングを施すだけでステキなライトが仕上がりますので、より簡単に手作りを楽しむことが可能です。

熱がこもらないような注意が必要!

では、ライトのカバーリングにはどのようなものが向いているでしょうか。例えば、ナチュラル感のあるライトに仕上げたいなら荒めに編んだウッド調やワイヤーのカゴがおすすめです。これらは雑貨店や100円ショップにいろいろな種類のものが揃っていますので、自分好みものを探しましょう。ただし、ライトに使う電球にもよりますが、通常の電球を使うのであれば熱がこもり、火災につながることもありますので、熱がこもらないような工夫をすることが必要です。

プリント基板を用いて配線や電子部品を固定し、電気製品を組み立てる事をプリント基板実装と言います。スルーホール実装や表面実装などの工法が有ります。